東京カテドラル聖マリア大聖堂

 

ハヤカワミステリっぽい、大聖堂のパンフレット

目白にあるに東京カテドラル聖マリア大聖堂(教会って平日、中は自由に見学出来るのですね。 )には、もういらっしゃいましたか?

建物も独特ですが、「教会の鐘の塔」みたいのがこわい。非日常なひろい空間に、巨大な爪楊枝じみた塔・・。なお、この付近の道路に限っては広々と清々しいので、人混みの苦手な方でも大丈夫です。

新江戸川公園

東京カテドラル聖マリア大聖堂の帰りには、新江戸川公園をぜひ。

新江戸川公園・・・名前から「さびれた児童公園」を連想していまいますが、もと細川家のお屋敷なので、とても立派。

 新江戸川公園は入り口に、ギョッとするほどレトロな受付の建物があります。細川家の学問所だったみたい。文京区が集会所として貸し出しているらしく、集会に利用した人のサイト(写 真入り)も発見しました。

 公園内は、かなり高低差がある作りで、奥に進むにはゼイゼイいって登らなくてはなりません。目白の地形が体で実感できます。公園の奥も木々が鬱蒼としていて、あんまり日が射さないのも素敵なんです。


「新江戸川公園への行き方」  

東京カテドラル聖マリア大聖堂と反対の歩道、つまり椿山荘サイドを目白駅に向かって歩いていくと、「こっちが新江戸川公園」と表示があります。 

その表示に沿って進むと、かなり急な下り坂が見えます。坂には木々が滅茶苦茶においしげっているため、非常に暗くてヒンヤリしていますよ〜。21世紀の都心とは思えない、妖しい雰囲気なのだ。「人さらい」とか「怪人」が出そう!!あんまり暗いので、昼間から街灯がついているくらいです。

 

東京案内 インデックス