【築地市場の、引き込み線の上】 (2005.3月)


築地市場は 上空から見ると扇型の部分があります。

昭和10年の開設当時、市場へ集まる食料品は旧汐留駅から引き込み線によって貨物で運ばれてきたため、線路に沿って扇形が出来ているのだそうです。(引き込み線は現在ありません。)

■………ということは、扇形の部分に昭和10年が少し残っているのでは?

と思って行ってみたところ、
予想以上に“過去”が冷凍保存されていました。

■地図でいうと、赤い線の部分の2階がいろいろな事務所になっています。2階に入る入り口はわかりにくいですが、立ち入り禁止とも書いてありません…

古くて長ーーーい廊下。やはり扇形にカーブしています。

アナログな感じの看板。

たいへん古風な代金出納所。

映画のセットのようでした。(許可をとって携帯カメラで撮影)
※残念ながらこの出納所のある部屋は、2005年3月末で閉鎖。


天井の壁がピロピロはがれています… この施設全体が完成した当時は最先端だったのでしょう。 “線路の上に事務所”って、珍しかっただろうし。

こういう古風な部屋だけでなく、普通の銀行も入っています。
あまり銀行っぽく改装しないでそのまま使っているようでした。

引き込み線を覆う屋根。これも長ーーく見渡す限り続いています。
屋根のてっぺんの形が看板建築風?


■平成24年を目途に豊洲に移転するといわれている築地市場。
今のうちに、ぜひ。

地面が水で濡れているので、歩きやすい靴で!
(朝の忙しい時間帯は見学を避けましょうー)

東京都中央卸売市場築地市場
《個人の見学(少人数の場合)は正門警備員詰所に断り入場してください。 日曜祝祭日は休場日。他に不定休あり。詳細は電話でお問い合わせください。 営団地下鉄日比谷線 「築地駅」より徒歩15分 103-3542-1111(代) 》

 


東京案内 インデックスへ