【キモノで重労働】

 


畳替えで怪力を出す下女。





着付けの本に出てこない、労働スタイル



スミをずりずりと引っ張る。割烹着も汚れています。



臼を借りる人。



休日に雨がふり、休日が終わったら快晴になったので機嫌の悪い女中さん。




昭和10年ころ、祖父が赴任先の愛知で撮影した隣の奥さん。斉藤美奈子さんの「モダンガール論」を読むと題高度経済成長期、洗濯機の初登場は、一般 の人にとって想像を絶する喜びだったことが書かれています。「こんなぜいたくをして、お天道様の罰があたらないかと、わが身をつねって飛び上がった」と証言している人までいたりして…。 逆に考えると、みんなが着物を着ていた時代は、こういう「着物で・しゃがむ」姿がドッサリあったことでしょう。



洗濯物干し。


オハイオの大学のサイトから。 1950年前後の漁村です。
ふんばり系キモノ。

日本人の大半のご先祖様は、ふんばり系キモノで一生を過ごされたことでしょう…。
骨の太さや筋肉量などすごかったのでは?

■関連話題? ガタイのいいカッフェの女給さん→■

mangaインデックス  ●● サイト表紙