【元気な女の子達その2】

「天二物を与へず」という題がついています。

左のお嬢さんの正体は不明ですが、宝石が胸元にも指にもピッカピカ。金持ちそう。
踏みそうなほど長い着物を着て、極端な内股。

一方、右の薄幸の美女(松本零士風)は、短い着物を着て、内股ではありません。
下駄はすり減り、めくれ上がっています。

詳しい解説はこちら



「オカメ美顔術」。エステみたいなものでしょうか。まぶしい日射しと、チャラチャラした若い娘!(華奢な腕時計が可愛いですね)

この時代のmanngaで1番楽しいのは、流行に飛びつく女の子を、愛をこめて茶化したものだなあ!と思います。たとえば、洋装をしたがる子とか



トンビ座り(?)をしてるファニーフェイスの女教員。
机の上には花とお人形。




美男ボーイのいるカッフェは常に女性客で満員。女達は、彼の気をひこうと大量 に注文していますが、美男ボーイは無関心です。

みて下さい、この具合悪そうな顔!

A子「ああ私は屈むと口から出る位食べてゐるのに、彼はなんとも思つてくれないのかしら」 D子「私なんか、ガマ口が空になるくらゐ注文したのに」C子「こんなに気持ち悪くなる位 も食べてゐるのに」

店長は“時給アップだ、忍くん!”とホクホク顔です。(原文は「このボーイ、滅多なこっちゃ離されないぞ。」だけど。)


 


「馬の尻 頼んで嫁は 通り抜け」

日傘が可愛いですね!今あまり見かけない、すそテクニック。(他にも、こんなのとか。



まわれー、右!靴と袴の女学生達です。

 

mangaインデックス  ●● サイト表紙