【力の抜けた、楽しい着こなし特集】 自然発生的な「折衷」着こなし。着物っぽい民族衣装に洋服をマゼマゼした、楽しいスタイルです。納豆スパゲッティや、大根おろし付きステーキみたいですね?


着付けのアマいおじさん。ブドウ色の服と赤い帽子の組み合わせです。なぞの白いズボンを着用。

完全に風景と一体化しているお爺さん。ベージュのズボンとビーチサンダルをあわせています。実は浅野忠信似。

駄菓子屋のおじいさん。こんな面白い帽子、どこでみつけてきたのでしょうか?白いカフスが爽やか!

おとぎ話に出てくる「親切な妖精」を連想させるコーディネート。ピンクのマフラーが愉快です。


以上のように「民族衣装に洋服を混ぜて」着るのは、ごく若い男の子か、「初老以降〜」みたいな印象を受けました。働き盛り・男盛りの男性達は、洋服を混ぜないで、パリッとキメていたようなきがします。(たしかに民族衣装だけの着こなしの方が2枚目度が高く、また、女性にモテそうな感じがしました!)

 

前へ

次へ

表紙