かなりブレてしまいましたが、着付けの方法です。普段着は、洋服の上からいきなり着てしまいます(!)着付けを披露してくれたのは運転手さんとガイドさん。(ブータンのきまりで、旅行者には必ず運転手さんとガイドさんがつくことになっているのです)

あわせ方は着物と同じ。襦袢にあたる部分はTシャツやボタンダウンシャツなど、好きな物でオーケーです。ブータンの民族衣装は、胸のVゾーンがそれほど開かないので、下に何を着ていても見える面 積が非常に少ない。だからあんまり違和感ありません

個人の体感温度で、袷(あわせ)や単衣(ひとえ)は自由に着ていいとのこと。また、年齢や季節で着る物の色柄が規制されないそうです。(お祭りの時の服なんかは、特別 なきまりごとがあるのかもしれませんけれど)

床まであった服をヒザ丈にたくし上げたら、後ろに2つプリーツを作ります。これ、けっこう難しそう!(室内装飾も、かっこいいです)

帯をしめたとこ。上半身にゆとりをもたせて帯をしめます。このたるみ部分を大きなポケットとして活用できるのです。

この方は若いのに恰幅がいいので、ダイエット中。最初の写 真から、ここまでくるのに30〜40秒程度だったと思う。

最後、ここがポイント。衿に共布のリボンがついていて、しばります。フトコロにいっぱい物をいれても、紐でしばってあれば大丈夫なんですね!

 

前へ

次へ

表紙