ホテルからの眺め。この風景は特に田舎というわけではなく、国中こんな感じみたいです。(この国の窓という窓は、ほとんどこの形。工場まで、この窓がついていてビックリ!)

このホテル(ガンテパレスホテル。スナフキン生活さんの日記を見て、旅行会社に頼みました。)のラウンジは「シャイニングのホテルのインテリア」プラス「唐桟」といった感じで、すごく趣味がよかった。シャイニングと唐桟って意外に相性いいものなんですね!

ホテルのスタッフ。本当はもっとパリッとした雰囲気の人だったのに、写 真うつりが悪くて残念!(足元にいるのは丸まった野良犬です。)

遠目にパリッと見えても、拡大するとけっこうシワシワ。
毎日これを着て仕事するのですもんね。ちなみにこれは単衣(裏布なしタイプ)。


【着物っぽい服(正しい名前は「ゴ」といいます)のたたみ方】

たたんでいるのはガイドさん。裏返しの状態でたたみます。まず、空中で縫い目にそってざっとたたんだのち、床に置いていました。

たたんでたたんで・・これは、着物で言う「単衣(ひとえ)」です。裏地がなくても、衿や裾にはきれいな色をぬ いつけてます。

最後はこんなに小さくなりました。「ハンガーにかけておく人はいないのですか?」と聞くと「いるかもしれないけれど、私は毎日たたむ」とのことでした・・)


前へ

次へ

表紙