2003.10月

表紙

 

■「ほとんどの家の戸口に、ロブスターとオレンジが1つずつ吊してある……なんというロブスターのむだ使いだ!」

↑↑これは明治31年に来日したイギリス富豪が、お正月の注連(しめ)飾りを表現したもの。「ゴードンスミスのニッポン 仰天日記」(解説:荒俣宏・小学館)より。

その他「クリームチーズのように見える魚のケーキ」=かまぼこ、「木立の下には何百組ものピクニックパーティー」=お花見、等。異国の人によるこのテの表現って、愉快愉快〜〜。

(それと似た話ですけど……現在、着物に全く興味の無い人が「あの背中が見えてるやつ」=衣紋ぬ いてる、「ほら十みたいな柄だよ」=カスリ、とか、自分の言葉でズバッと言っちゃうのも楽しいです。)


ブータンの空港で。お坊さんがいっぱい。

「不思議の国のアリス」の挿し絵的なオジサン。 顔はハナ肇、靴はピカピカ。


■chaiさんの 本、販売再開

「父が残した貴重な絵日記」和の心に酔いしれろより)

昨日に引き続き、戦前、南国・鹿児島の出張所に赴任した男性のカラー絵日記です。その中から、女性の着物スタイルをちょっと抜粋させてもらいました。

着物でラジオ体操。
着物でトイレ
お洗濯
老いも若きも琉球絣である

昭和初期は、いろいろな着物姿があったのですねえ。

ブータン、朝のホテル。民族衣装の男子が3人並んで、エッヘン。
うしろにタックをとるのがブータン流。
「ブータン」旅行記 


「父が残した貴重な絵日記」和の心に酔いしれろより)

戦前、南国・鹿児島の出張所に赴任した男性のカラー絵日記。気合い入った記録で、仕事の時以外はほとんど着物で過ごしている様子もわかります。ちょっと抜粋。

バスに乗って犬のエサを運ぶ
本屋で立ち読み
和服で通 勤してみる
東南アジアみたいな風景

洋服で通勤しても、事務所で脱いじゃう

ところで、昔の男性普段着って着物のVゾーンからシャツが見えてますよね。バカボンのパパが着ているような、ボタンつきシャツ


1960年代の病院で。



戦前のお家で。


chaiさんの可愛いが届きました!


幕末〜明治の東京の道路 です(場所は不明)

木陰。土の道。

暑さ・寒さとも、現代とは質が違いそうですね〜。

「 高層高密化が進む東京では、ビルの谷間(ストリートキャニオン)の環境が不快なものになりやすい。特に夏場は、ビルや自動車からの排熱、アスファルト舗装や建物表面 の蓄熱などで、ビルの谷間の熱環境は悪化します 」 「東京都ヒートアイランド対策情報サイト」 より →■

ストリートキャニオンっていうんですね。「ビルの谷間のティールーム」は「ストリートキャニオンのティールーム」…。

先日ある女流作家の着物エッセイを読んでいたら、“私は5月31日までは汗をかきながら袷を着る”というようなことが書いてありました。彼女の健康が損なわれないことを祈ります。


【とってもローカルな情報】

10.11(土)JR鉄道総合技術研究所(東京都国分寺市)が、1年に1度のお祭り(平兵衛まつり)で公開されます。研究所のサイトにはこのお祭りの情報は出ていないので、付近の人しか知らないと思います。

60年代になるかならないかの頃に作られた建物で(こんな感じ)、プロジェクトXのかおりが…。

こういう着物が似合いそう?

その日は職員さんが、子供達にいろんな実演を見せてくれます。(リニアモーターカーが走る仕組みとか、多摩都市モノレールの模型とか)私は今年行きませんが、興味のある方はぜひ。

●時間:10.11(土)午前10:00〜午後3:30
地図。最寄り駅はJR国立駅・北口
北口というのは、アンティークジョンやagreable*musee が無い方の出口です。


■ヤプーズで中断していた着付けの先生気温付き着物日記再開。


1929年1月10日。 タンタン&スノーウィが「LE PETIT VINGTIEME」紙にて誕生したそうです(写真の「青い蓮」は1934〜35年に連載)

そして、同じく1929年の日本=昭和4年に描かれた絵。右の人は漫画家で、“夜の大阪ルポ”みたいな記事のために、怪しげな場所を取材しているところです。彼が洋服を着たのは学校を卒業してから9年の間に2回だけ!ちなみにこの日の夕食はカツレツとビールでした。(←洋服は着ないけど、洋食は食べる人なんですね)



ご主人の机に女からの手紙を発見し、激怒している奥様。「さあッ、あなたは今までどこで何をして居たんです? さあッ、白状なさい、色魔ッ」

「あの花子ッてのは何者です?女給ですかタイピストですか?よくも私を欺いてそんな女と関係したりしましたね。さあ、私を殺してください、私は死にます」

激しいアクションのわりに言葉遣いが丁寧ですね! この実写版があるとしたら、奥様役は満場一致で渡辺えり子さんでしょう。 着物で夫婦喧嘩は、こちらにもあります。



明治の新橋駅。日本最古のターミナル駅だそうです。

空が、……広い。

駅って、毎日使うし・大勢の人が使う建物。 駅が気持ちよい 雰囲気っていうのは、かなり嬉しいものでしょうね。